FC2ブログ
日本の商品先物取引を盛り上げたいっ!何が足りないのかを考えよう。
page top
FXを伝えるカタチ
こういうアプローチの方法もあるんですね。
参考になる。

マネースクエア旅の本4冊

きれいな色が展開する4冊の旅行の本。

トルコ、ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア。

冊子の中には外貨運用の話。

作ったのはマネースクエア
https://www.m2j.co.jp/


商品先物取引会社も真似できないかしら。

ゴールド、オイル、コーン、ライス…。

page top
【ノベルティ】デリバティブ市場統合記念講演会
無料の講演会でもらえるノベルティの大半はこれ。

会社名入りボールペン。

JPXのボールペン


安いし、使い回せるので
在庫管理が楽だからでしょうね。

それにしても策がないなあと思います。

もうちょっと気の利いた
インパクトのあるノベルティがほしい。
page top
昔の広告(FX編)
2007年12月15日(土)日経新聞に掲載された全面広告。

FX投資を
やっているのは
誰ですか?



FXを選んだ理由(口座開設お申し込み時のアンケートより)

1位 24時間取引ができる(22.5%)
2位 少額の初回投資資金から始められる(19.3%)
3位 取引手数料が安い(16.5%)
4位 スワップポイント(13.3%)
5位 「売り」からも「買い」からも取引できる(12.7%)
6位 高い資金効率(11.4%)
7位 為替の身近さ(4.3%)



6年経った今、FXを取り巻く環境は激変していますが、
まだこの理由は有効だろうか。

そして、商品先物(CX)を選ぶ理由はなんだろうと考える。
FXに負けない投資としての魅力は何だろう。
page top
日本市場の情報発信を考える懇談会
日本市場の情報発信を考える懇談会
日本証券業協会が設置しています。

4月10日に行われた第3回の会合では、「投資経験の無い方にも投資の魅力を伝えていく」という日本経済応援プロジェクト「+YOU」について説明があったようです。

過去の内容を読むと、悩みのテーマは商品先物取引と同じ。「証券」を「商品先物」に変えて読めば、活性化のヒントが見えてきます。

第1回懇談会(平成24年12月19日) 内容はこちら
収益改善のポテンシャルを秘めた日本企業
市場の活性化とIR

第2回懇談会(平成25年1月25日)内容はこちら
投資家層拡大のための情報発信活動の考え方
日本の証券市場インフラ:国際競争力の視点から

第1回懇談会より
投資から遠い「未投資家層」になぜ投資すべきかを伝える

データが4年前と古過ぎですが、
日本証券業協会が2009年に実施した「証券投資に関する全国調査」によると…
続きを読む
© 商品先物取引活性化委員会. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG