FC2ブログ
日本の商品先物取引を盛り上げたいっ!何が足りないのかを考えよう。
page top
コメ展
佐藤 卓氏と竹村真一氏のディレクションによる企画展「コメ展」

コメ展
http://www.2121designsight.jp/program/kome/

大阪堂島商品取引所に試験上場されている「コメ先物」
活性化のヒントが何か見つかるかもしれません。

開催期間
2014年2月28日(金)~2014年6月15日(日)

4ヵ月半ありますから、出掛けてみましょう。

会場
21_21 DESIGN SIGHT
東京・六本木東京ミッドタウンのガーデン内

主催
21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団

後援
文化庁、経済産業省、農林水産省、港区教育委員会
page top
ローソク足(あし)の描き方講座3月のご案内

先物=さきもの。と、着物=きものを融合させた
ワーズオンの企画イベントシリーズ「さ、きもので楽しみましょう」。



和ろうそくの柔らかな灯りの中で、「ローソク足」を描いてみませんか。

2014年3月19日(水)19時〜21時
場所は新宿区中井にある「和の庵あいれ屋

ローソク足(あし)の描き方講座


■プログラム
1.ローソク足の歴史 2.ローソク足の現在 3.ローソク足の形
4.ほっこりタイム(お茶とお菓子)
5.ローソク足を書いてみましょう。(金(Gold)の先物価格を使用) 6.質問タイム

参加費
3,000円(税込)(お茶と季節のお菓子付)
[特典]
和ろうそくと和柄のマッチをプレゼント
専用方眼紙[ラクロシュ]使い放題!
筆記用具は用意しますので、手ぶらでご参加くださいませ。
割引あり!
2回目以降の方は2,500円です。

お申し込み
ワーズオンお問い合わせフォームからどうぞ。
【申込締切3月18日(火)】
 [お問い合わせフォーム]
[件名]に[ローソク足描き方講座申し込み]と入力して申し込みください。

フェイスブックページ
[あいれ屋]のイベントからもお申し込みいただけます。
投資のいろはを学ぶ「ローソク足」の描き方
鈴木さち子さんの「さ、きもので楽しみましょう」ビジネス講座
3月19日(水)19時 https://www.facebook.com/events/637482829650211/

投資をしている方にもしていない方にも楽しんでいただけます。
ご参加をお待ちしております。
ラクロシュを使った「ローソク足」の描き方11月7日の様子
http://www.wordz-on.co.jp/info/eventreport_aireya20131107/

page top
金銀米
フィギュアスケート男子でソチオリンピックに出場した
高橋大輔さんが選手村に持ち込んだお米です。

金銀米
http://riceandrich.com/kasseimai.html

縁起の良いネーミングですね。

金銀米の名前の由来
販売元の金銀株式会社のWebサイトより引用


お米は江戸時代だと石高といって武士の給料だったわけで、
貨幣と同様の価値を持っていたんですね。

そんなお米の価値を高め続け、
貨幣と同じような価値で扱われるお米を作りたい
という思いを込めて「金銀」と名付けました。



残念ながら、金、銀のメダルに手は届きませんでしたが、
魅惑的な滑りで高橋ワールドを魅せてくれました。

今、ソチではパラリンピックの熱戦が繰り広げられています。
© 商品先物取引活性化委員会. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG